前へ
次へ

インプラントの歴史はとても古い

顎の骨に金属などを埋め込み、それを軸にして義歯を再生する手術は太古の昔からありました。
現在のインプラントの原型ともいえるこの考え方は現在は卓越した歯科技術によって現実味を帯び、大変役立つ治療法として知られています。
埋め込む金属も多種にわたって存在し、手術後に違和感が少ないものに変わってきました。
インプラントは義歯を埋め込むので自然の歯とかむ力などが大きく異なる点がありますが、それをうまくコントロールできれば食事などで不快感を覚えることは少なくなります。
インプラントで入れた義歯は丈夫で長持ちしますから、あまり神経質にケアする必要もありません。
入れ歯のようにとれる心配もなく、残っている自分の歯と同じように使える点は大変魅力的でしょう。
太古の昔は技術が稚拙だったのであまり評価されていなかったこの手法ですが、現在は多くの人がその恩恵を受けておりきれいな歯を取り戻しています。
それは、食事やお話をはじめとする生活のあらゆる点に影響してきます。

Page Top