前へ
次へ

インプラントは入れ歯にないメリットが多いです

歯を失ったときの治療と言うと、ブリッジや入れ歯、差し歯などさまざまな方法があります。
そんな中、今最も注目を集めているのがインプラント治療と言われています。
インプラント治療は、あごの骨に人工歯根を埋め込むのが特長です。
外科的手術を用いて行われる治療法のひとつなのですが、ブリッジや入れ歯といった他の治療法に比べるとさまざまなメリットがあります。
まず、大きなメリットは、自分の歯のような感覚で噛むことができる点です。
たとえば、入れ歯を使用するとなると、年齢とともに合わなくなることがあります。
また、お手入れが大変だったり、装着に手間がかかるなど、煩わしいことが多いと言われています。
また、差し歯にすると、噛む力がどうしても弱くなってしまうので、固い食べ物などが噛みにくいといったこともあります。
でも、インプラント治療なら、あごの骨に埋め込んだ人工歯根に歯をかぶせるので、土台がしっかり安定するため、自分の歯のように噛むことができます。
また、半永久的に使用できるので、入れ歯のように合わなくなってしまい作り直すこともありませんし、見た目も自然です。
最近はインプラント治療に対応する歯医者さんが増えているので、失った歯の治療を受ける際は相談してみると良いでしょう。

Page Top