前へ
次へ

インプラントは医療保控除の対象になる

様々な理由で歯を失ったのであれば、人工歯であるインプラントの導入を検討することになるかもしれませんが、自由診療のために費用が高額になりがちです。
費用が高額になるために躊躇することもあるでしょう。
そういう時に、うまく医療費控除を利用することができれば、多少インプラントにかかった費用が返ってくるかもしれません。
多少なりとも費用が返ってくればいいと思うのではないでしょうか。
医療費控除とは、1年間にかかった医療費に関して所得に応じた形で一定の金額が控除される制度に該当します。
サラリーマンであれば確定申告を基本的にはしなくてもいいですが、インプラントの治療などで医療費が高額になったということであれば、自ら医療費控除のために確定申告を行う必要があるということです。
医療費だけでなく、公共の交通機関を使って通院した交通費も適用になります。
1年間に総額10万円を超えるのであれば、医療費控除の対象になりますので、医療機関などの領収証をあらかじめ用意しておくことです。

Page Top