前へ
次へ

インプラントの需要は増加している

インプラントは自然に噛むことができるように、第2の歯という位置づけで最近施術を選んでいる人が増えています。
そもそも歯は表に出ている歯冠と歯茎そして骨に埋まっている歯根の3箇所で形成されています。
もしも歯根まで失ってしまうと入れ歯にしたりブリッジなどを挿入することになりますが、大半は放置することもあります。
ただ入れ歯やブリッジを挿入すると見た目が綺麗でないと感じたり、硬いものを食べることができないという支障をきたすことがあります。
また入れ歯は何回も作り直す必要があるといった問題も生じます。
そこでインプラントを選択する人が増えてきており、受診しながら改善していこうとするケースが増えています。
インプラントによって自分の歯と同じレベルまで自然に噛むことができるようになりますが、人工歯根治療ともいわれています。
入れ歯やブリッジと比較しても耐久性や美しさ、そして噛む力などは優れています。
国際的にも浸透しているので、力強く日常生活でも噛む力を持つことができます。

Page Top